四柱推命

四柱推命とは

四柱推命とは太古の中国で生まれた「過去、現在、未来」を予見する運命学のひとつの陰陽五行説を基に、人が生まれながらにして持っている性格、能力、素質を理解して、その人の努力や経験で変わる後天的な運命までも的確に予測することができる占いです。

東洋占星術の中でも最も信頼性が高く「占いの帝王」と呼ばれています。
占星術ではどのような『星』が支配しているかでその人の宿命や 運命、運気の流れなどを推測します。
『星』という文字は『生』まれた『日』と書くことから『生まれた日』で宿命が決まると考えています。

「四柱」とは

四柱推命では『生まれた日』を四つの柱『年柱』『月柱』『日柱』『時柱』に見立て、さまざまなことを占います。自分の生まれた時間を正確に知っている方は非常に少なく、生まれた時間の『時柱』まで出さなくても精度の高い占いができるため、生まれた年・月・日から宿命や運命を推測します。

それぞれの『柱』は次のような意味を持っています。

年柱

主に目上の人や親、上司との関係など社交面や印象における天命が表れます。人生においては主に初年期(~19歳)の運気が表れます。

月柱

仕事運や結婚運、家庭運など仕事や家庭における天命が表れます。人生においては主に中年期(20~39歳)の運気が表れます。

日柱

才能や恋愛運など自分自身や恋愛における天命が表れます。人生においては主に晩年期(40歳~)の運気が表れます。

この『年柱』『月柱』『日柱』に『干支』が割り当てられます。『干支』は60種類あり、この60種類の『干支』がさまざまなメッセージを私たちに示してくれます。



「干支」とは

四柱に意味を与える星たちの中で『干支』が重要な星になります。干支は、『十干』(甲、乙、丙、丁、戊、庚、辛、壬、癸)と、『十二支』(子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥)を組み合わせた星になります。「甲子」「乙丑」「丙寅」など60種類あります。
『還暦』は、生まれた年の『干支』が廻って来たことをお祝いする行事になります。

『十干』からのメッセージ

十干 読み方 メッセージ
こう
きのえ
善良潔白、泰然自若、公平無私な性格。おしゃべり等は好まず、一徹な面があり、不屈の精神の持ち主でもあるので、何事も最後まで成し遂げます。また、慈悲に篤く、目下を愛し、金銭を惜しみません。そのため、上長や権威に逆らうこともあります。優れた眼力を持ち、ものの道理を弁えて行動するので、人望があり、運勢も旺盛。
おつ
きのと
従順温和ですが、内心は強情。穏やかで、事を荒立てたり、他人を非難したりしないので、周囲から好かれますが、臆病で進取の気性に乏しいところがあります。そのため、物事が成就しそうになると怠け心を起こし、中途半端なまま投げ出してしまう傾向があります。
へい
ひのえ
活発・陽気で賑やかなことを好みます。何事も進むばかりで退くことを知らないところがあります。他人と馴れ親しみやすいですが、離れやすくもあり、愛情が薄く軽薄に傾きやすいといえます。明朗で物事の処理が手早く、大きなことを好んで行いますが、忍耐力が乏しいため、中途半端なまま止めることが多いでしょう。
てい
ひのと
十干の中で最良の性質。運気旺盛で、人の上位に進み、博愛心が強く、徳望の高い人が多いです。親切丁寧で、人をよく教導する性質を持ちます。挙動は温順で物静か、軽挙妄動することがなく、失敗も少ないでしょう。謙遜の美徳の持ち主なので、他人と争いを起こすこともありません。

つちのえ
運気旺盛ですが、傲慢、強情、我が儘が強く、人情の薄い人が多いといえます。活発で剛毅ですが、忍耐力に乏しく、何事も中途で止めるなど長続きしないところがあります。気が変わりやすく、あれこれ手を出しては焦る性分なので、稼いでも、稼いでもお金は不足しがちです。傲慢で気分が高ぶりやすく、怒りをもって他人と争うところが あります。

つちのと
表面は義理人情に篤く、温和ですが、内心は野心を抱いて策を巡らし、腹を明かさない人もいます。勝負事が好きで、巨利を求めて身を誤る人が多いでしょう。気迷いが多く、決断力に乏しいので、一度決めてもすぐ心変わりするなど、断固たる行動が取りにくいところもあります。
こう
かのえ
働き者ですが、口達者でお世辞が上手。他人と調子を合わせていくものの、気が変わりやすく当てにならない。活発ですが、心せわしく、無作法で、他人の話を信じやすく、また変わりやすいところがあります。いろんなことに手を付けるが、締めくくりまで考えない人が多いといえます。約束を違えたり、迷惑をかけたりしても平気な人もいます。
しん
かのと
ちょっと強情で思いついたら最後まで言い続け、取り越し苦労が絶えず、迷い気と猜疑心の強い神経質な性格。金銭に縁はありますが、吝嗇なため、常に握るばかりで出し惜しみするところがあります。他人に親切にし過ぎる性格なので、心配事や苦労が多いでしょう。
じん
みずのえ
壬は大海の水に例えることができます。心は清く広く、態度は悠々として角が立たず、徳は広大。柔順で仁義を重んじ、慈悲心に富んでいます。人に恵を与え、人を愛するため、衆人から敬慕され人望が集まります。他人に負けまいとする闊達な気性もあり、運気は旺盛にして人の上に立ち、人望や人徳も備わってくるでしょう。
き、みずのと 活発・短気で強情でもあります。精神力が強く、物事にあまり驚きません。正直で人情は篤いが、潔癖すぎて中和の得がたいことがあります。才知があり決断は早いですが、独断に傾きやすいところがあります。自分の反対者には反発力を高め、相手を屈服させなければ済まない剛猛な気性で、清濁を併せて呑むことができないでしょう。


『十二支』からのメッセージ

十二支 読み方 メッセージ
細かなことに気が付いて無駄遣いせず掃除好き。苦労のうちに貯めた金、色で失い人に倒さる。
うし 辛抱強く根気良く言葉少なく信用もあり。好き嫌いありて押し強く、腹立つ時は止めようもなし。
とら 考え深く落ち着いて人の頭と敬まわれつつ、昂ぶり過ぎて気ままがち。とかく目上と事を争う。
世辞と愛嬌ある故に人気もありて福徳もあり。取り留めもなく遠慮がち。色のためには苦労する。
たつ 人に立てられ威勢良く思わぬ人の引き立てもあり、諂いもなく気短で負けず嫌いが損のもとなり。
心の奥ぞ深くして金に一生不自由なし。見栄を飾りて疑いと嫉む心のあるが疵なり。
うま 調子宜しく世辞上手。人気もありて金回りよし。陽気ばかりで陰気なくうわべを飾る癖があるなり。
ひつじ 人を憐れみ品も良く、芸はあれども高ぶりもせず、取越苦労遠慮がち危ぶみ過ぎて迷う臆病。
さる 小才もありて器用なり。人の気を取る内は安楽。人を侮り意地悪く、褒められたさに嘘をつくなり。
とり あれもこれもと忙しく働き乍世を送るなり。気変わり多く極まりなく、身分に余る大望は損。
いぬ 義理を守りて正直に人の為めには陰日向なし。骨折損の多くしてくよくよ思う心偏屈。
極まり宜しく大望も貫く程の強き気性ぞ。後先見ずの気早にて人に憎まれ損もするなり。